オーダーメイドインテリアコーディネーター加藤英里と一緒に楽しくお部屋をコーディネートしませんか♪

MENU

”カッコいい”と”エレガント”を両立させたい!

『両方のテイストを取り入れましょう!』

久保様は、

ファッションのお仕事をされていらっしゃるので、

とてもセンスの良い方です。

ファッションに限らず、

インテリアにも造詣が深い方です。

 

通常、打ち合わせの最初には、

『お好きなインテリア』の写真を

提示して頂きます。

久保様にご提示いただいたのは、

10数年前の雑誌。

拝見したところ、

海外のクリエイターのお部屋特集で、

さすがにどちらもとてもスタイリッシュで、

素敵なお部屋でした。

どれも素敵なのですが・・・・

大きな問題がありました。

イメージの振れ幅が、あまりにも大きい!

のです。

 

『モダンでカッコいい系』

『可愛らしくてエレガント系』

両方とてもお好きだとのこと。

 

たとえば、

『モダンでカッコいい系』

image (4)

image (1)

こちらは、どちらも原色やハラコを使った

かなりインパクトのあるテイスト

※テイスト=趣味・好み・~~っぽい。などの意味

 

一方

『可愛らしくてエレガント系』

image (3)

image (2)

こちらは、上品で優しいテイストです。

 

打ち合わせの中では、

『このテイストの何が気に入っているのか』

色?カタチ?全体の雰囲気?

などを伺い、

久保様のお好みを絞り込んで行きました。

この打ち合わせがとても大切で、

『ここが好き』だけではなく、

『ここが嫌!』

ということもきめ細かく伺っていきます。

一見、全く違うテイストに見える中に、

意外な共通点や譲れないこと。

が見えてきます。

すると、判断基準の軸が見えてくるので、

瞬時に的確なご提案が出来るのです。

 

インテリアコーディネートは、

コーディネート(調和)という言葉のとおり、

全体を心地よくまとめること

が良いとされています。

時折、アクセントとして、

違うイメージのものを加えることはありますが、

”二つの全く違うイメージを合体させる”

というのは、なかなかのチャレンジでした!

 

・・・でも、

『どちらにするか、選んで下さい。』

とは言いません。

だって、

『両方好き!!』

なんだもん、しょうがないじゃないですか!?

では、

『両方のテイストを取り入れましょう。』

ということで実現したのが、

こちらのお部屋です。

best-5

 

当初から、壁に飾りたいとおっしゃっていた、

●カールラガーフェルドのヴァネッサパラディのポスター

を、スタイリッシュにカッコよく。

 

お客様にお茶をお出しする時に使いたいとおっしゃっていた、

●ウェッジウッドの個性的でエレガントなティーセットは、

エレガントで優しいイメージに。

 

それぞれをインテリアのアクセントにしています。

 

『モダンでカッコいい系』と『可愛らしくてエレガント系』

一見まとまりにくく思えますが、

クライアント様の『好き』というフィルターを通したもので

あれば、うまく調和させることが出来ます。

 

お手持ちのアイテムを活かすインテリア。

とってもおすすめです♪

 

欲張りなクライアント様とのコラボレーションは

とても楽しいので、大歓迎です!

 

 

お気軽にお問合せください。

PAGETOP